So-net無料ブログ作成

カードローン会社の貸付条件をしっかりチェックしよう [お金]

いろいろある融資の手続きの切り口からチェックしてみると、基準もまた様々であることが言えます。

お金の借入れと口々にいっても、金融機関系のものであったり大手のカードローン会社のものであったり、闇金融などます。

これらを検証した際、当然ながら審査基準が幾分あまい会社、その逆の通りづらい会社と分かれるのです。

まず初めに、併せて借り入れる件数は、多くて3社というのが判定の目安と言われています。

借り入れ件数が3社以内で、カードローン金額が収入の三分の一より少なければ、金融機関であっても審査項目をクリアする確率は高いといえます。

銀行はおおかた利子が低く設定していますので、活用するなら銀行がいいでしょう。

カードローン件数がもし4件を超えている時は、銀行は難しくなります。

しかし、2006年の出資法等や貸金業規制法の法の改正により、利子が下げられ、金融機関では審査が難しくなってきている傾向にあるのです。

銀行でも、より一層手続きに対しては慎重になるということです。

また審査項目のゆるい会社とうわさの企業でも、安易に申し込めばよいことでもないです。

もし、前もってそのカードローン会社について情報を調査せずに申込みをし、審査をパスしなかった場合は、その審査情報は個人信用情報機関に保存されます。

信用情報機関に保存される時間は三ヶ月~六ヶ月なので、その間、個人信用情報機関の情報が汚れてしまうこととなってしまします。

汚れたからといって即座に借りられないわけでもありませんが、その記録を参照する会社の審査には、間違いなく、なんかしらの影響があるはずです。

大方通過しやすいといわれている審査項目を行う会社でも、個人信用情報機関に記録が登録されるいることによりカードローンできなくなることも起こる可能性がでてきます。



共通テーマ:マネー