So-net無料ブログ作成

カードローンの利用の注意点 [お金]

カードローンサービスをご利用するには、利用する会社の審査に申込み、その申込みに通過することが前提です。

となると、そのような審査では、使用者のどういった部分が見られるのでしょうか。

金融会社は審査申込みを申し受けると、最初、弊社の登録名簿に申込者が以前にエントリー済みか調べます。

それから、信用情報機関に連絡を取って、申込みした人の情報があるかどうか確認します。

続いて、カードローンサービスを受けようとしている人の歳や今までの借り入れ経験というような個人に関する情報の要素などからもみていくのです。

そこから、カードローンを許可させるか否か、どれだけの金額のカードローンを認めるかを審査していきます。

審査項目を通ることで、キャッシュカードが渡され、借り入れサービスをご利用することができるようになるのです。

カードローンサービスを受けるための申し出には、自分の個人情報といえるものを丸々提供するつもりで望む必要があります。

自分はもとより家族や住宅の環境なども審査事項に書かなければなりません。

金融会社の難しい審査では、そういった判定する項目のことを属性と呼ぶことがあります。

中でも、ひときわ重要視される属性があり、そこに問題が出てしまった際には、審査基準を受かる見込み低いです。

重視される属性とは、その方がいったいどういう人なのかと審査することができて、確認がとれるものについては重要と見られる傾向があります。

その中でも、収入レベルが把握できる属性も重要とされるようです。

年の収入は重要視されるだろうと思われるかもしれませんが、実際は、これは自己申告が可能なものですので、年の収入自体は裏付けができない限りはそこまで重要とされるものでないようです。

真実でない金額の報告も可能な審査項目の為、立証ができるものより重要とされることはないです。

また、職業では、特に「離職率が低い」職業であれば、審査には有利になります。

警察官などの公務員がその例で、それに次ぐものでは安定があるホワイトカラーと言われているサラリーマンなどとされます。

不利な職業の種類としてはその反対で、「退職率が高い職種」となります。

酔客を相手とする職業や、日雇い、自営業や、作家なども、安定した業種と判断されにくく、審査そのもの自体がパスしづらくなるようです。

一方で住居の面では、私有の家であるか否かということは間違いなく重要視されるが、同時に、住んでる年もかなり重要視されます。

金額が高い所を所有しているどうかではなく、どんな家であろうが長い間住んでいるほうが審査自体ではプラスポイントになります。

長期間住んでいることで、信用があると判断されるのです。



共通テーマ:マネー